news

妊娠期に歯科受診が必要な3つの理由

妊婦検診をきっかけに、お久しぶりに歯科を受診される妊婦さんがいらっしゃいます。

歯科と妊娠にどのような関係があるか、今日はお話ししたいと思います。

 

①妊娠中はお口の中の環境悪化のリスクが高いから

つわりなどによる生活・食習慣の変化に加え、胎盤からの女性ホルモンの影響で

さまざまな口腔疾患の発症リスクが高まる時期です。

例えば、虫歯が急に増えた 歯磨きのとき歯ぐきから出血するようになった

という症状を訴えられる方がいらっしゃいます。

 

②早産や妊娠合併症のリスクと関連するから

妊婦の歯周病が早産、低体重児出産、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群などの合併症にも

関連することが報告されています。

 

③妊婦の口腔と全身の健康は胎児に影響するから

妊娠期のマイナス1歳から母親の口腔内環境を良好に保つことが、

う蝕細菌の母子伝播予防にもなり予防のスタートとなります。

 

歯磨き(セルフケア)がうまくできないといった場合は

歯科医院でのクリーニング(プロフェッショナルケア)に頼るというのも1つの方法です。

私たちが、患者さんの状況に合った歯ブラシや洗口剤を処方して

前向きな気持ちでセルフケアをしてもらえるようバックアップしていきます^^

 

検診や治療を受けるタイミングは妊娠5〜7ヶ月がおすすめです。

出産後は通院が難しくなるため、この期間に治療しておきましょう。

 

みやつ歯科口腔クリニック

 

白い歯 にするダイレクトボンディング

前歯の「すきま」が気になる・・・

前歯の表面のでこぼこ・ザラザラが気になる・・・

以前治療した詰め物が「変色」してしまった・・・

銀歯を白くしたい・・・

 

このようなお悩みで歯科を受診される方が多くいらっしゃいます。

当院ではこのようなお悩みを改善できる

ダイレクトボンディングという治療法を行っています。

 

ダイレクトボンディングはレジンという材料を直接口の中で接着させ、形を整えていく治療法です。

従来の型取りをして銀歯を詰めるという方法と比較して、以下のような特徴があります。

🟡利点

歯を削る量を最小限に抑えることができる

見た目が綺麗で治療の跡がわかりにくい

・治療を1回で終えることができる

🔵欠点

適応症に限度がある(治したい歯が被せ物の場合等)

・強い衝撃などにより欠けてしまうことがある

・経年的に変色してくる可能性はある

 

ダイレクトボンディングは保険外診療になります。

費用は22000円〜33000円(税込)です。

症例によっては「保険適応内」でも詰め物の治療が可能な場合もございます。

適応の可否については、実際にお口の中を診査診断してからの判断になりますので

お気軽にご相談ください^^

 

みやつ歯科口腔クリニック

096-321-6450

 

歯を失う原因〜歯磨きの重要性を考える

今日は歯ッ💦とするお話しです

 

歯を失う原因は大きく分けると歯周病虫歯が大半を占めます。

そしてどちらもプラーク(歯垢:細菌の塊)が主な原因。

 

プラークを取り除くには、歯を磨くしかありません。

歯を磨いているのと、実際に磨けているかは別問題です。

 

みやつ歯科口腔クリニックでは来院された患者さまに必ず一度は

プラークを赤く染め出し、目でみて分かる状態でブラッシング指導を行っています。

なぜなら、治療が終わっても患者さまご自身での予防が行き届かなければ

必ず虫歯や歯周病は再発するからです。

 

また、歯科衛生士が患者様のお口の状態に合わせて、

オススメの歯ブラシ、歯磨き粉などの口腔ケア用品を処方致します^^

 

近年では、ドラックストア等に様々な種類の歯ブラシや、歯磨き粉などの

口腔ケア用品が販売されていますが、自分に合っているものを正しく使用できていますか?

 

間違った使用をしていると、きちんとプラークが除去できなかったり、

歯ぐきや粘膜を傷つけてしまったり、歯ぐき下がりの原因にもなります。

 

気になる事がございましたら、お気軽に歯科衛生士までご相談ください⭐︎