news

新しく歯科衛生士が1名加わりました⭐︎

皆さんこんにちは!

今年は暖かい日が続いていますね

桜が満開の中、大学の卒業式を迎えたことを思い出すと

今年は開花がとても早かったような気がします。

 

4月になり、新しい学校や職場など新生活を始められる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当院にも、4月から新しく歯科衛生士が1名加わります。

スタッフは皆優しいのですぐ馴染んでいくと思いますし

これからたくさんのことを学んでいってほしいです^^

 

親知らずの抜歯 Q &A

こんにちは、みやつ歯科口腔クリニックです!

今回は親知らずの抜歯についてご説明したいと思います。

 

親知らずの痛みや腫れなどの炎症で来院される患者さまや、

顎全体のレントゲン(パノラマX線写真)を撮った際に親知らずが原因で手前の歯が虫歯になっていたり歯周病が進行していることが分かり、親知らずの抜歯をお勧めすることがあります。

親知らずの抜歯と聞くと、痛そう・・顔が腫れるのかな・・と不安になる方も少なくないと思います。

 

抜歯の前にはどのような方法で抜歯するのか、リスクや注意事項を必ずしっかりご説明した上で進めていきますので疑問や不安なことがある場合はスタッフに気軽にご相談ください。

その中でもよくいただくご質問についてお答えしていきます。

 

Q:親知らずの抜歯は痛いですか?

炎症がおきている状態で抜歯をすると麻酔が効きにくく、痛みをコントロールすることが難しいためまずはお薬で消炎をしてから抜歯をします。

 

Q:抜歯後の痛みはどのくらい続きますか?

痛みの感じ方は個人差が大きいため一概には言いにくいですが、順調に回復の経過をたどった場合は通常2〜4日で、痛みがでなかったという方もいらっしゃいます。痛む時は早めに痛み止めの薬を飲むことをお勧めします。またドライソケットになるとひどい痛みが続くため、抜歯後の注意事項をしっかり守りましょう。

 

Q:腫れはどのくらい続きますか?

まず腫れ方に関しては親知らずが生えている方向で抜歯の仕方も大きく異なってくるため、腫れ方も個人差が大きいです。腫れる可能性がある場合は事前にご説明を行っています。基本的には2〜3日がピークで1週間ほどで引いてきます。冷やす場合は、冷水でしぼったタオル程度がおすすめです。抜歯の内出血で、頬に紫色のあざ(内出血斑)がでることがありますが、これも1~2週間で消えていきます。

 

Q:うがいや歯磨き、お風呂は?

血餅ができにくくなるため、抜歯当日はブクブクうがいをせず水をふくむ程度にしましょう。気になるとは思いますが、翌日も頻回にうがいをすることは避けてください。歯みがきは傷を避けてそっと磨きましょう。お風呂はシャワー程度にして、安静にしましょう。

 

Q:出血への対応はどうしたらいいですか?

当日は丸めたガーゼを10〜15分程度しっかり噛んで止血します。翌日までは唾液に混ざる程度の出血はあります。口のなかが気持ち悪いからとうがいをすると、出血がかえって止まらず、血餅もできずドライソケットの原因になるので注意しましょう。

 

入れ歯治療のご案内

歯が無くなった場合の治療方法として、ブリッジ、義歯(入れ歯)、インプラントなどの選択肢があります。どの治療方法を選ぶかは患者様とご相談の上、決めていきます。

当院では難しい入れ歯の方や、より良い入れ歯を作りたい方に向けに、入れ歯専門の歯科技工士と共に共同診療を行なっています。

お気軽にスタッフまでご相談ください!

根管治療について

こんにちは!院長の宮津です。

当院では根の治療(根管治療)の際にラバーダムと呼ばれるゴムのシートを付けて治療を行います。

ラバーダムの役割は主に2つです。

・処置中に唾液の混入を防ぐ

・お口の中に器具や薬液が漏れ出すのを防ぐ

根管治療は細菌との戦いです。処置中に唾液が入り込むと、多量の細菌も根管の中に入ってしまい、状態の悪化や再発に繋がります。

根管治療を成功させるためには必須の処置だと考えています。

ラバーダムを付ける際に歯に圧迫感がありますが、すぐ落ち着いてきます。

根管治療は家に例えると基礎工事にあたります。どんなにいい被せ物を作っても根管治療がうまくいかないと、歯は長持ちしません。

しっかりした根管治療をすることで、安心して被せ物を作ることができます。

患者さまの歯をより長持ちさせるために、日々研鑽を積んでいます。

当院の新型コロナウイルス感染対策について

当院では、患者さまに安心して治療を受けていただけるよう

以下ような感染予防対策を行っております。

 

①エプロン、コップ、グローブは使い捨て

全ての患者様に、処置前に抗菌性洗口液でのうがいをしていただき、

エアロゾルの感染因子の減少に努めています。

 

②粉塵飛散防止のための口腔外バキュームの使用

診療室で発生するエアロゾルを除去する装置として口腔外バキュームが有効です。

③チェア(診察台)の消毒

患者様の使用ごとにチェアのアルコール、次亜塩素酸水にて消毒を行っております。

 

④器具は滅菌パックにて保管

使用時に患者様の目の前で解封しておりますので、滅菌状態が維持されます。

 

④スタッフの検温と手指消毒の徹底

院内スタッフ全員に対して、診療前の検温と適宜手指消毒を行うよう徹底しております。

 

⑤車内で待機可能

当院の駐車場は16台分のご用意があるので、車内でお待ちいただくことも可能です。

付き添いの方や、待ち時間がある患者さまもご希望の場合はスタッフにお声掛けください。

 

新型コロナウイルス感染予防のための、患者さまへのお願い

院内出入り口において、手指消毒用のアルコールを設置しております。

来院時には非接触型体温計により検温のご協力をお願いいたします。

※37.5度以上の発熱、咳が止まらない等の発熱の症状が2日以内であれば

解熱後にご予約のお取り直しのご連絡を頂きますようお願い申し上げます。

症状があった場合、万が一の感染を考慮し、

ご来院をお控え頂きますようお願い申し上げます。

ご来院の際は必ずマスクの着用をお願いいたします。

 

みなさまにはご迷惑やご心配をおかけすることと存じますが、

何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

絵本☆彡

院長のお知り合いの先生より絵本をお祝いに頂きました!

小さなお子さまも、待合室で待っているときやお母さんの治療中に

ぜひ読んでくださいね(^^♪

院内見学会を行いました

 

皆さんこんにちは!

開院前に内覧会を予定していましたが、

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため当初は中止としていました。

 

開院にいたるまでさまざまな業種の方々にお世話になり、

先生方にもご指導をいただきました。

お世話になった方々に院内を見ていただきたく

急遽5月16日と17日の2日間に院内見学会を行いました。

近隣の方々もたくさんお越しいただき、

院内の雰囲気を少しでも 感じていただけたのではないかと思います。

 

また、開院祝いにたくさんのお花や観葉植物をいただき待合室は生花の香りとともにとても華やかになりました。

ありがとうございます。