news

歯の移植

「移植」と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?

心臓移植や腎臓移植など、医科で行われるものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は、歯科にも同じような移植という治療法があります。

 

 

歯が折れてしまったり、虫歯が歯茎のなかまで進行してしまうと

その歯は保存できない状態(抜歯)となってしまいます。

そのときに、お口の中で噛み合わせに機能していない歯がある場合、移植することができます。

 

歯の移植は、ただ歯を埋め込めばいいというわけではありません。

とても繊細な手術を行うため、移植する歯の条件がとても重要になります。

歯根膜という部分が足りないと骨と歯がうまく結合できず、不自然にくっついて(癒着)しまいます。

この状態を「アンキローシス」と呼び、あごの骨が歯根を異物と認識して

体から排除しようとしてしまいます。

そして、ゆっくりと歯根を溶かしていってしまいます。

 

そのため皆さんがこの治療法を必ず受けれるわけではないため、

歯科医師の診断をもとに患者さまに移植のお話しを行っています。

 

また、当院ではブラッシング指導や定期的なメインテナンスに来ていただくことを

大切にしているため、歯を長期的に守っていきたいという患者さまのご協力も必要です。

 

詳しい治療のご説明は当院にお越しいただいた際にお尋ねください。

 

 

みやつ歯科口腔クリニック

 

 

 

この記事をシェアする