implant

インプラントとは

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み固定したあと、その上に人工の歯を装着する治療法です。
従来の治療である「入れ歯」で補う方法では、違和感や固いものがうまく噛めない、食べ物がつまる、しゃべりづらいといった欠点がありました。また、「ブリッジ」を用いても、健康な歯を削らなければならないというデメリットがありました。
それらの悩みを解決できるのが、「インプラント治療」です。

インプラントのメリット

  1. 1.健康な歯を削る必要がない 入れ歯やブリッジと異なり、他の健康な歯に負担がかかったり削る事がありません。
  2. 2.強い力で噛むことができる しっかりと骨に固定されていますので、本来の自分の歯と同じように噛むことができます。
  3. 3.異物感が少ない
  4. 4.審美性に優れている ブリッジ治療の場合、治療部位によっては金属しか保険が適用になりません。また、部分入れ歯の場合、金属のバネが目立ちます。インプラントは、天然の歯に近い素材を使用して審美性を回復することが可能です。

インプラントのデメリット

  1. 1.保険がきかない(自由診療) 医療費控除は適応されます。
  2. 2.手術が必要となる インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入する手術が必要となります。麻酔により痛みなく治療を受けていただけますが、ブリッジや入れ歯に比べると、やはり体の負担は大きくなります。そのため、全身疾患の有無を確認して場合によってはインプラントの手術ができないこともあります。

インプラント治療の流れ

STEP.01

カウンセリング

治療に関してのカウンセリングを行います。カウンセリングを元に治療計画を立て、患者様にしっかりとご説明します。

STEP.02

精密検査

口腔内、お身体の状態をより的確に把握するために、口腔内写真やレントゲン写真、CT撮影をしたり、歯周病検査、を行います。

STEP.03

診断に基づいた治療計画の立案

検査結果をもとに、インプラントの本数、費用、治療にかかる期間などについて治療計画をわかりやすくご説明いたします。患者様が理解・納得された上で治療を開始しますので充分に検討していただき、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

STEP.04

手術のための前処置

インプラントを行う前に口腔内の環境を整えることはインプラントを長期的に維持するために大切なことです。むし歯や歯周病の治療、顎の骨が少ない場合には骨の再生治療など、必要に応じて口腔内の環境を整えます。

STEP.05

一次手術

局部麻酔を行い、インプラントの歯根になる部分を埋め込みます。入院の必要はなく、翌日から普通に生活していただけます。

STEP.06

治癒期間

個人差がありますが2~6ヶ月の治癒期間(安静期間)をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合するのを待ちます。

STEP.07

二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける支柱を装着します。

STEP.08

人工の歯を作製・装着

全体のかみ合わせを整え、表面の色をチェックしながら最終的な装着歯を被せます。

STEP.09

定期検診、メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期的にメンテナンスを行っていきます。

よくあるご質問

インプラント治療には、どのくらいの期間がかかりますか?

完全に治療が完了するまでは、4ヶ月~1年くらいかかるとお考えください。

骨粗しょう症という診断を受けたのですが、インプラント治療は可能ですか?

飲んでいるお薬によっては手術ができない場合がありますので、一度ご相談ください。

インプラントを使用できる年数は、どのくらいでしょうか?

定期検診などでケアができていれば数十年持つ事は証明されています。

インプラントの手術は痛くないですか?

しっかり麻酔をした状態で行いますので痛みはありません。術後に多少腫れる場合はあります。

インプラントを骨に入れることで、何か体に影響はありますか?

チタンの性質は腐食せず、体になじみ拒絶反応を起こしにくいものです。体に悪い影響はありません。